メニュー

美味かもん雑記帳 > > おかず > 煮汁は巡る
2011/03/23 おかず

煮汁は巡る

ブリでも、サバでもでも、ガッツでも、かれいでも何でも、とにかく魚の煮付けの煮汁を捨ててしまうのはもったいない。 煮付けの主役は当然魚そのものだ。 でも煮汁には、魚の旨みがにじみ出ている。

煮汁をこしてから、ご飯にかけて喰うだけでも旨いし、茹でた素麺をからめれば、簡式たいそうめんである。 今日はかれいの煮汁に素麺をからめた。 家族みんなで即完食である。

魚の煮付けの煮汁で素麺

ジャガイモやサトイモを煮汁で煮込むのもおすすめ。 話だけ聞くと、魚臭くなりそうな印象があるが、魚の煮付けをきちんと作っていればそんなことは心配無用。 煮汁に水を足し、醤油とみりんを補って煮込む。

煮汁で鶏の肝を煮込むこともある。 豚肉を放り込んでしょうが焼き風の肴を作ることもある。 丸腸を煮込むこともある。 佃煮を作ることもある。 すなわち、甘辛い味付けが合いそうな食材は、何でも残った煮汁で煮込んでしまうというわけだ。

そして魚以外の甘辛料理の煮汁も又、同じように活用できる。 豚の角煮しかり、もみじしかり。 そもそも甘辛煮汁でなくとも、あらゆる料理の汁は、別の料理に活用できる。 トマトソースホワイトソースラーメンスープだってそう。

だから料理は面白くって、とてもじゃないがやめらんない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

最近の記事

義侠飲み比べ 2018年4月20日 new!!

自由すぎる酒屋

もう少し距離を縮めたいところで

続きを読む

江木の赤てん 2018年4月19日 new!!

江木の赤てん

値段もお手頃で良い。

続きを読む

2018年4月18日 new!!

赤子が成人する時間

ここでもまた、感謝ですな。

続きを読む

2018年4月16日 new!!

ピタリ

愛読書とかもすんなり特定できそ

続きを読む

人形町 ひょっとこの突出し 2018年4月15日 new!!

やきとんの聖地 人形町 ひょっとこ

とにかく酒飲みは一生のうち一度

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ