メニュー

美味かもん雑記帳 > 物欲 > 衣類 > ビンテージ・ジーンズ
2011/03/01 衣類

ビンテージ・ジーンズ

ビンテージ・デニム

501XXビッグE赤耳、505、503、517・・・lot213、ファースト、セカンド、サード・・・ウエスターナ・・・・・・これ以上思い出せない。

10年以上も前になろうか、ヴィンテージジーンズにハマっていた時期があった。 美しいインディゴの色合い、縦落ちに魅せられた。 古着屋をめぐり、掘り出し物に出会えないかと血眼で捜した。 旅をしたこともあった。 でも掘り出し物なんてものはなく、それなりのものは、その価値に見合った値段がつけられていたもんだ。 せっせと金を貯めては、つぎ込んでいた。

鬼のような蒐集家に出くわした事もある。 ワーゲンのベンツマスク(だったかな)に乗り、家中ビンテージデニムだらけ、風呂上りにデッドストックのセカンドとXXを着込んで散歩するような人だった。 スウォッチで一部屋が潰れていて「カチカチカチ」という音がうるさく寝られないと嘆いておられた。

ビンテージ・ジーンズ・ハンター

2001年、アメリカで当時の日本円にして約500万円で買い取られたジーンズがある。 それは発見された場所にちなみ「ネバダ」と名づけられた。 1880年代に作られたもので、鉱山で働く労働者が身につけていたものだと思われるという。

買ったのは、リーバイ・ストラウス社。 ネバダを作った会社であり、資料としての保存を目的に、過去に製造したジーンズの収集を続けている。 すべてのジーンズには物語りが刻まれており、一本のデニムにより、過去の歴史を知ることができる、まさにタイムカプセルなのだという。

ジーンズの歴史は、リーバイスの歴史

ジーンズが生まれたのはおよそ140年前。 当時ゴールドラッシュに沸いた、アメリカ西海岸だった。 労働者たちが必要としたのは、丈夫な作業服。 だが流通している作業着は弱く、すぐに破れてしまうものだった。 労働者の嘆きを聞いた仕立て職人ヤコブ・デイビスは、生地の補強にリベットを用いることを思いついた。

そしてそのアイデアを、取引先だったリーバイス社に持ち込んだ。 1873年、リベットの特許を取得し、ジーンズの原型が完成した。 馬で引っ張っても破れない強靭さに、労働者たちは飛びついた。 ジーンズは、労働者のシンボルとなった。

※ネバダ、歴史については「ビンテージ・ジーンズ・ハンター」という番組より

リーバイスは創立150周年にあたる2003年、アメリカ国内の工場をすべて閉鎖したのだそうだ。 全然知らなかった。 なんとか再び黄金時代を築いてもらいたいものだ。

ビンテージ・ジーンズ。 今はもう売り払ってしまって一本も持っていないが、余裕ができたらまた、少しずつ集めてみたいなあとも思う。 昔長崎にはsal、ゴールドラッシュという古着屋があった。 思い返してみてると、かなり楽しい時代だった。

※近年ビンテージブームが再燃しているそうで、その立役者はラリー・マッコイン。 シアトルでヘラーズ・カフェというビンテージデニムの輸出を手がける会社を経営している人物。

※Levi Ballons:1920年代製。ウエストオーバーオールと呼ばれる。推定価格135万円。

前後の投稿


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

最近の記事

2017年12月11日 new!!

今日の雑感

サイバーなマンデイ アマゾンが

続きを読む

私の食物誌 池田弥三郎 2017年12月10日 new!!

私の食物誌 池田弥三郎

ミジンコさんありがとうございま

続きを読む

2017年12月9日 new!!

探検検索

ちなみに2009年はTwitt

続きを読む

2017年12月8日 new!!

いちまーい…にぃーまぁーい

もう預金しないんだから。

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ