メニュー

美味かもん雑記帳 > > 酒肴 > 甲府鳥もつ煮
2010/12/16 酒肴雑記

甲府鳥もつ煮

テレビをつけたらB-1グランプリの話題だった。

今年9月に行われたB-1グランプリ厚木は、43万人もの来場者があったという。

その中で初出場ながら優勝してしまったというのが、甲府鳥もつ煮である。

甲府鳥もつ煮とは、読んで字のごとく、「鶏のモツを煮たもの」である。 レバー、スナズリ、キンカンなどを、醤油味で甘辛く煮て作る。

創案者は、塩見力造さん85歳。 今から60年前、25歳の時だったという。

甲府鳥もつ煮の作り方

  • 鶏モツ(レバー、砂ずり、キンカン)を鍋に入れ、甘辛醤油だれで煮込む。
  • モツに火が通ったところで、タレを鍋からあけてしまう。 モツはそのまま強火で熱し、 照りをだす(照り煮)。
  • 終始強火。

以上テレビ番組の解説による作り方。 非常にシンプルな調理法である。 照り煮のところが面白い。 普通、テリを出したい場合は「タレだけ」を鍋に残して煮詰め、そこへのけておいた素材を戻し、からめる手法がとられると思うが、それが逆なのだ(例:ブリ大根煮っ転がしなど)。

この作り方だと、のけたタレが残るから、あくる日また鶏もつ煮を作るときに、流用できるだろう。 減った分を、注ぎ足し注ぎ足し続けていくと、鶏の旨味が、少しずつタレに移っていくはずだから、いっそう旨い鶏もつ煮になるに違いない。

マネて作ってみた。 キンカンは手に入らなかったので、ゆで卵で代用した。 無論旨い。 泡盛ロックで一皿全部、平らげた。

甲府鶏モツ煮

鶏モツ料理にはずれはないもんなあ。 B-1グランプリで優勝するのもうなづける。

優勝をうけて甲府では、凱旋パレードが行われるほどの盛況ぶりだったという。 コンビニやスーパーでも売られるほどの人気ぶりなのだとか。

B-1グランプリで好成績を残すと、町おこし効果も絶大なのだ。

となると、我が長崎も、ひとつ目玉をこしらえて、出展してみてはどうだろうか、と思ってみれば、出てたんだ→小浜ちゃんぽん – B級ご当地グルメの祭典!「B-1グランプリin厚木」公式サイト

うーん、長崎名物界の重鎮でもグランプリはとれないのか(一体どのくらいの得票数を得たのだろうか)。 となると何か長崎っぽくて面白いもの・・・旨い、安い、そして珍しいものといえば・・・何だろう?

過去のグランプリ一覧を見てみると、どうやら甘辛醤油味がウケているようだ。 となれば、やはりその例にならうとして・・・長崎っぽいもの・・・・・・鯨の竜田揚げはどうだろうか。 でもさして珍しくもないかなあ。

いっそ、甘辛醤油味から脱却するのはどうか。 鯨の赤身をトマトソースで煮込んでも旨いんだよなあ(例:ホルモンのトマト煮)。 水産県として、やはり海産物を活用したいところ。 前々からあたためていたアイデアとして、「海苔の佃煮」をトマトソースで作るというのもあるのだが。 ていうか、どうしてトマトソースに流れてきたのだろう。 あ、甘辛醤油から脱却するという話からか。

いやあ、ご当地グルメを作り出すのもなかなかムズカシイ。 町おこしったって大変だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

最近の記事

2017年7月23日 new!!

痛ーっ

そういや春が来たのを喜んで自転

続きを読む

2017年7月20日 new!!

もうきたよ

異常気象はもう懲りた。 なんで

続きを読む

2017年7月19日 new!!

ぷちぐる12周年

13年目にむけてはりきってイク

続きを読む

2017年7月18日 new!!

レジ袋一枚だけください

エアーをワイフという所だろうか

続きを読む

2017年7月16日 new!!

ルルル伺い

ひと月に1足のスニーカーを履き

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ