メニュー

美味かもん雑記帳 > > 酒肴 > 生牡蠣をカクテルソースで
2010/11/08 酒肴

生牡蠣をカクテルソースで

長崎県諫早湾で養殖している牡蠣の8割が死滅した」というニュースを先月耳にした。 原因は猛暑で、8月に海水温が30度を超える日が続いた上、9月以降も水温が下がらなかったことだという。

暑かったもんなあ今年。 それにしてもこの猛暑め、オイの好物である牡蠣になんてことしてくれたんだまったく。 来年同じことしたらタダじゃ済まさんからなコノ。

さて。 生牡蠣に合う飲み物と言えば何が思い浮かぶだろうか。

友人は「やっぱりシャブリ!牡蠣にはシャブリ!でもそれは昔の話だともささやかれるが、でもシャブリ!」と言う。

ちなみにシャブリとは、フランスのブルゴーニュ地方で産する辛口の白ワインである。 ではなぜ、シャブリが牡蠣に合うのだろうか?

何十億年か前、シャブリを産する一帯は海の底だった。 そしてそこに牡蠣が山ほど生息していたらしい。 やがてそれらが化石となり、アルカリ性の土壌を作ることになった。

そこに植えられた葡萄は、牡蠣の成分を含んだミネラルウォーターを吸い上げて育ち、たわわに実る。 この葡萄で作られたシャブリを飲みながら牡蠣を食べると、遠い昔の牡蠣のDNAと、新しい牡蠣のDNAが口の中で交わり、美味いと感動するというわけ。

この話は島地勝彦の『甘い生活』にあったものである。

生牡蠣には、レモンをたっぷりとふりかけてからカクテルソースをつけて喰うのが最高だ、と島地勝彦氏は言う。

カクテルソースの作り方は、トマトケチャップにホースラディッシュをすりいれ、タバスコ、ブランデーを少々加えて混ぜるだけ。

ようやく流通し始めたパック入りの生食用牡蠣をカクテルソースで食べた。 殻付牡蠣の開けたてならば、もっとよく合うのだろうと感じた。 あくる日スーパーで殻付牡蠣が半値で叩き売りされているのを見つけた。 全部買って帰った。 今度はカキフライをカクテルソースで食べるつもり。 間違いなく合うハズだ。

生牡蠣をカクテルソースで食う

前後の投稿


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

最近の記事

2017年12月11日 new!!

今日の雑感

サイバーなマンデイ アマゾンが

続きを読む

私の食物誌 池田弥三郎 2017年12月10日 new!!

私の食物誌 池田弥三郎

ミジンコさんありがとうございま

続きを読む

2017年12月9日 new!!

探検検索

ちなみに2009年はTwitt

続きを読む

2017年12月8日 new!!

いちまーい…にぃーまぁーい

もう預金しないんだから。

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ