メニュー

美味かもん雑記帳 > > 次女最強伝説
2010/09/01

次女最強伝説

「4人兄弟中最強」とウワサの次女(1歳)が、ミズボウソウにかかった。

これまでに上3人の子供たちもかかったが、皆幸い軽症だった。 「次女がいちばんヒドい」というカミさんの判断だが、すでに快方にむかっている様子。 早めの受診が功を奏したようだ。

すでに次女は元気にあばれまわっているが、保育園は最低10日間休まねばならないよう決められているらしい。 でも家の中だけで遊ぶことには満足できていない様子。 夕方涼しくなった頃、散歩に連れて行くことにした。

近所は大体散歩しつくしているので、車にベビーカーを積みこみ、少し遠出して知らない土地を散歩してみる。 よく冷えたお茶と、バターロールを携えた。

見晴らしのよい丘にある、屋敷の前を歩いていたら、庭から年老いたゴールデンレトリバーが駆け出してきた。 どうやら放し飼いの様子。 こっちは幼児を連れているので一瞬緊張するが、スキを見せるとワンワン吼えてくると思ったので、シカトしてゆっくり歩き去ろうとした。 だか、老ゴールデンは併走しながらついてきたのだった。

「あちゃー、泣くかも・・・」

次女の顔を覗き込んでみると・・・「ワンワン! ワン!!」と指差し、手を叩きながら興奮していた。 泣く様子もない。 犬耐性があったんだねえあなた。

しばらくついてくると、老ゴールデンは引きかえした。 「犬、大きかったねー」と声をかけると、まだ興奮さめやらぬ様子。 「ワンワン!」と口走る。 もしもほかの兄弟だったら、目の前にデカい犬がせまってくれば、きっと泣き出したに違いない(とくに長女)。 やはり次女最強伝説は本当だったのだ。

ではそろそろ戻ろうかと車へ引き返し、次女を抱きかかえようとしたその時、「ワンワン・・・ヒェーン・・・」と、泣き出してしまった。 泣くときはいつも豪快に「ギャオー!」と大音量で泣くのに、蚊の泣くような声。 とてもかなしそうである。 抱きかかえ背中をトントンユサユサしているとおさまったが、突然の事だったので驚いてしまった。

やっぱり犬が怖かったのだ。 目の前に犬が現れた瞬間、怖かったのだけど、驚きのほうが大きすぎて、泣くことがどっかに飛んでいってしまっていたのだきっと。 そしてわれに返り、恐怖が戻ってきた。 と解釈する。

かえって悪いことしたなあ・・・

前後の投稿


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

最近の記事

2017年12月11日 new!!

今日の雑感

サイバーなマンデイ アマゾンが

続きを読む

私の食物誌 池田弥三郎 2017年12月10日 new!!

私の食物誌 池田弥三郎

ミジンコさんありがとうございま

続きを読む

2017年12月9日 new!!

探検検索

ちなみに2009年はTwitt

続きを読む

2017年12月8日 new!!

いちまーい…にぃーまぁーい

もう預金しないんだから。

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ