メニュー

美味かもん雑記帳 > > 酒肴 > 豆腐よう
2010/08/10 酒肴

豆腐よう

「つま楊枝の先で少しずつ削り取ってから味わえ」との箱書きがある。 ちっとずつ食えという事だ。

まるで腐乳のような外見。 箸でひっかくと豆腐の味噌漬けのようにネットリと削れ、口に入れると甘く、その後すぐに泡盛が舌の上に広がり鼻に抜ける。 大した酒肴だ。

気持ちよく飲んでいるうちに腐乳もつまみたくなってきて、ふたつならべて交互につまむことにした。 腐乳の辛味と酸味が引き立ち、単独でつまむよりも旨い。 腐乳を豆腐ようの汁に浸して食べたらこれもまたよかった。

豆腐ようは沖縄の豆腐発酵食品で、琉球王朝時代、王族、貴族の間で珍重されていた珍味である。 原料は豆腐米麹泡盛とシンプル。

作りかたは豆腐を小さなサイコロに切って乾燥させ、紅麹、黄麹、泡盛、塩を合わせた液につけて熟成させるというもの。

これってもしかすると自作できるのでは?と最近思い始めていて、現在試作品を仕込んでいる最中。 うまくいったらどうしよう。 また飲めてしまいますなあ。

豆腐よう

ついに自家製豆腐ようが完成した→豆腐よう | レシピサイトぷちぐる

前後の投稿


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

最近の記事

私の食物誌 池田弥三郎 2017年12月10日 new!!

私の食物誌 池田弥三郎

ミジンコさんありがとうございま

続きを読む

2017年12月9日 new!!

探検検索

ちなみに2009年はTwitt

続きを読む

2017年12月8日 new!!

いちまーい…にぃーまぁーい

もう預金しないんだから。

続きを読む

名古屋コーチン 2017年12月7日 new!!

地鶏の王様:名古屋コーチン

余分な脂を丁寧に取り除いた朝〆

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ