メニュー

美味かもん雑記帳 > > 汁物 > レタシャブ
2010/07/20 汁物

レタシャブ

この前つくったつけ麺のチャーシューは、東海林風だった。 東海林風は豚肉の塊を茹でて、それを醤油に浸しただけで作れる手軽さがウリだ。

ところがどうしたもんか、豚肉をうっかり茹ですぎてしまった。 予定時間を大幅に超えて茹でられた豚バラの塊はグズグズになっていて、このままつかみ上げたのではたぶん脆くも崩れて落ちてしまうだろう。

キラキラと脂がきらめく湯が冷めるのを待つことにした。 できあがったチャーシューは、湯の中に味を全部置いてきてしまったのでとても地味だ。 だからあれほど茹ですぎはいけないと普段から言ってんのに。

対して茹で汁は大したもんだ。 何せ、豚の旨味だらけなんだから。 このまま捨ててしまうのは忍びねえ、一品こしらえることにする。 要は、白切肉とザーサイスープのカンケイだ。

茹で汁を小鍋に移して火にかけて、冷蔵庫からレタスを掘り出してきた。 葉をむしってよく洗い、皿に重ね盛る。 レタスを一枚つまみ上げ煮立った汁の中へ浸すと、豚の脂をまとって怪しく光る。 シナッとしたところをポン酢に浸して食うと、これが旨えの。

レタシャブ

いわばレタスの常夜鍋、いやシャブシャブか。 あいにく腹も減ってないし、レタス一本で今夜は飲めそう。 と、

そうこうしているうちに酒が進み、何か他にもつまみが欲しくなってくるもんだ。 冷蔵庫を覗いてみると、手羽先が見つかった。 この手羽先は、前日にスープをとるためだけに2時間じっくり煮込まれたもので、そのスープは牛のストックと合わさりハヤシライスになり、この手羽先自身は、明日中華風手羽先の前菜になる予定だった。

でも見つけてしまったんだからもう後には引けない。 煮汁にブッ込んだ。

手羽先をしゃぶしゃぶで

味の抜けた手羽先の肉に豚の旨味が染込んでマル。 どうしてスープが白濁しているのかというと、別途つまんでいた腐乳をポン酢に溶かして食べてみたところ旨いのなんの、というところから。 白菜と腐乳が合うっちゅう話は腐乳生菜でわかりきっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

最近の記事

私の食物誌 池田弥三郎 2017年12月10日 new!!

私の食物誌 池田弥三郎

ミジンコさんありがとうございま

続きを読む

2017年12月9日 new!!

探検検索

ちなみに2009年はTwitt

続きを読む

2017年12月8日 new!!

いちまーい…にぃーまぁーい

もう預金しないんだから。

続きを読む

名古屋コーチン 2017年12月7日 new!!

地鶏の王様:名古屋コーチン

余分な脂を丁寧に取り除いた朝〆

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ