メニュー

美味かもん雑記帳 > > 酒肴 > 寒ぶりのはらご
2010/04/05 酒肴

寒ぶりのはらご

2月頃のことである。

魚屋の店先に巨大なブリの腹身が横たわっていた。 その脂身のキラメキからすると、たぶんおろしたてなのだろう。 この季節、まさに寒ブリでないの。 ちょっと大きすぎるけど、ええい買ってしまえ。

buri_hara.jpg

もったいぶって、まずはしっぽのほうから食べはじめた。 皮付きで軽く炙り、刺身にした。

次の日、垂れ落ちんばかりに脂を蓄えた真っ白な腹の部分を刺身にした。

最後の日、マグロでいう大トロの部分に手を出した。 魚の脂身の味、ブリ特有の旨み、香り、醤油すら弾いてしまうキメの細かい肉。

ひとつひとつの素晴らしさについて、ぬる燗を飲りながら目を閉じて考えた。 でも何も考えずに味わったほうが美味しい。

前後の投稿


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

最近の記事

マルチ発光で撮影 2018年2月19日 new!!

ニコンのカメラでストロボのマルチ発光をする

ニコンではマルチ発光をリピーテ

続きを読む

娘の生チョコ 2018年2月18日 new!!

14日のラプソディー

生チョコは正義。

続きを読む

2018年2月17日 new!!

シャンプー・ハット

とつとつと着実に、一歩ずつ歩ん

続きを読む

2018年2月15日 new!!

さらこう

頭もクリアになってくる。

続きを読む

風天 渥美清のうた 2018年2月14日 new!!

とらのうた

大晦日にひとりでいる事を詠んだ

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ