メニュー

美味かもん雑記帳 > > 飯物 > ウナギ半額に狂喜乱舞したその後
2007/07/31 飯物

ウナギ半額に狂喜乱舞したその後

unagimesi

たしか7月初旬だったと思うが、いつものスーパーへ買出しに行くと、中国産ウナギの蒲焼が半額で売られていた。 通常980円のところが490円である。

半値で売られているウナギなんて見たことないし、ウナギがやけにデカい。 中国産らしいが、「国産」と表記されていても外国産なんて話もあるそうではないか。 たとえば中国産のウナギを輸入してきて浜名湖でしばらく泳がせると浜名湖産になるとかどうとか・・・・。 よって中国産でも全然構わない知ったこっちゃーない。 5パック購入する。

しかしやけにデカいウナギだなーと感想を述べながら焼きなおす。 表面のタレがジリジリと焼けてきてうまそうな香りが漂う。 焼きあがったウナギは酒肴にしたり、家族にウナギ丼を作ってあげたりして堪能した。

中国産ウナギをかぶりついてから2、3日して、ニュースで中国産の食品についてあれこれ論じられていた。 中でも中国産のウナギは危険だとかいう話。 すでに消化してしまっているにも関わらず、若干焦る。 オイはさておき、子供らは大丈夫なのだろうか。

土用の丑の日が直前に迫った。 ニュースによると、品質への不安から中国産ウナギへの不信感が高まっており、国内で養殖された国産ウナギに人気が集まっているのだとか。 そうなると、国産うなぎの価格は高騰するかもしれん。 土用の丑の日当日ともなれば、高騰することも考えられる。 こりゃ前もって買っておかねばということで、去年利用したウナギ屋で国産らしいウナギの蒲焼を数本購入する。

土用の丑の日当日。 スーパーへ行くとウナギがズラリと並べられている。 国産ばかりでなく、オイが購入し、食べて、その後心配になった中国産の巨大ウナギも売られている。 しかも半額ではない。 980円である。 しばらく見ていると、おばちゃんたちが1本、2本とウナギの蒲焼を買い物カゴに入れて去っていく。 産地、値段、大きさを十分吟味し、厳選しながらカゴに入れるひともいれば、数日前のオイのように安くて巨大な中国産ウナギだけに集中し、沢山カゴに入れるおばちゃんもいる。 ウナギの買い方を見ていると、その人のライフスタイルが垣間見えてくる気がしないでもない。

娘はウナギ丼を作ってあげても蒲焼の切り身が大きいと「骨が刺さる」とか言って食べない。 なのでみじん切りにしてご飯にのっけてやる。 すると喜んで食べる。

ウナギ昨今

ワシントン条約締約国会議の決定でウナギの稚魚の輸出が規制されることになるらしい。 ウナギ供給不足、さらに拍車がかかる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

最近の記事

NBCあっぷるカレー 2018年2月24日 new!!

あっぷる収録記:その9

上湯スープがまた絶妙でした。

続きを読む

マルチ発光で撮影 2018年2月19日 new!!

ニコンのカメラでストロボのマルチ発光をする

ニコンではマルチ発光をリピーテ

続きを読む

娘の生チョコ 2018年2月18日 new!!

14日のラプソディー

生チョコは正義。

続きを読む

2018年2月17日 new!!

シャンプー・ハット

とつとつと着実に、一歩ずつ歩ん

続きを読む

2018年2月15日 new!!

さらこう

頭もクリアになってくる。

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ