メニュー

2005/12/05 なるほど

赤筋白筋

12/04付朝日新聞で面白い記事があったのでメモ。
魚には白身の魚と赤身の魚があるね。 これは各魚の筋肉内のミオグロビンとヘモグロビンの割合により違ってくるとよ。 両合計が10mg以上になると、身が赤味を帯びてくるとのことさ。

赤身の魚で代表的な魚は、マグロ、カツオなどの回遊魚。 血液から酸素ば取り入れて、脂肪を効率よく使いながら動く。 酸素が供給され続ければ、ずっと動ける。 よって長距離向き。

一方白身の魚で代表的なのが、鯛やヒラメ等の近海魚。 白筋は酸素は使わずに筋肉内のグリコーゲンを分解することで動く。 赤筋と比べて瞬間的に大きな力を出すことができるが持久力はない。

それではサーモンは? あれピンク色でしょ。 サーモンピンクとか言われたりもするし。 なんとあれはサケのエサであるエビの色素が筋肉にたまったモノなのだそうだ。 イクラについても同様。 そしてミオグロビンとヘモグロビンの割合でいうと白身の魚となるそうだ。

なるほどー。

前後の投稿


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

最近の記事

2018年1月20日 new!!

あなたしかいない

体重少し落としたほうが良いのか

続きを読む

2018年1月18日 new!!

4・4・4

「ここ試験にズッぞ、よう覚えと

続きを読む

2018年1月17日 new!!

伝染るん

ワインって効くんじゃなかったっ

続きを読む

Amazon Echo Dot 2018年1月15日 new!!

来たるアレクサ:Echo Dot体験記

Alexaを呼ぶと、青い光が声

続きを読む

2018年1月13日 new!!

しんしんという音が聞こえた

山々に点在している民家に降り積

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ