メニュー

美味かもん雑記帳 > なるほど > 日本刀の作り方
2005/11/22 なるほど

日本刀の作り方

鉄を自由に扱うには高温の熱が必要である。

西洋には早くからコークスがあって1800℃くらいの熱が出せたが、日本には木炭しかなく、いくら酸素を送っても、1200℃が限界だった。

しかし、鉄の溶解点は1800℃で、木炭をふいごで吹いて、いくらがんばってみてもせいぜいアメ状になるのが精一杯であった。

鋼鉄は、砂鉄を原料にして作る。 砂鉄粉を石英粉と、木炭粉を交互に重ね、溶鉱炉の中に入れる。 三日三晩熱すると、どろどろのアメのようなものができる。 もし1800℃だせればここで鋼鉄ができて、あとは鋳型に流し込めば終わりだけど1200℃しか出せないからアメ状の物質には不純物が沢山入っている。 そこで不純物を取り除いて、固めると銑鉄ができる。それを叩いて細かくし、さらに石英粉と木炭粉をまぜて溶かすと、玉鋼(たまこがね)ができる。

玉鋼は炭素分が多く固いがもろい。 これに柔軟性をあたえる必要があるから再び溶鉱炉で半溶解にし叩いて鍛える。 すると炭素が火花という形で放出される。 この叩き方が重要で、初めから終わりまで叩く力が均等でなければならない熟練をようする作業である。

叩いて火花を飛ばせば飛ばす程鋼鉄の鉄分の純度は高くなるが、炭素を出し切ってしまうと、グニャグニャのバネになってしまうので、ある一定の限度で叩くことをやめる。 こうして出来上がるのが日本刀の芯である。

これをそのままでは刃物としては弱いので表面に硬度の高い鋼鉄をつけてよく熱して打ち固める。 次に刃の部分に焼きを入れてこの部分だけ最も硬度が高くなるようにし、研いだときによく切れるようにする。 それには、全体に粘土を塗って、刃の部分だけを落とし、火に入れる。

焼いたものを生ぬるい水につける。すると刃の部分だけが密度を増し、非常に硬質な刃物になる。 粘土に包まれたその他の部分は柔軟性を残したままで、一本の刀が固さと柔らかさという相反する性質をもつようになる。

ここで重要なのが水の温度で、冷たすぎると収縮が早く起こりすぎて刃自体にヒビが入ってしまうし、温度が高いと硬度が得られない。 (今日では一般的に7℃から13℃といわれている)

梅干と日本刀 上より)

“日本刀の作り方” への1件のコメント

  1. […] うなのである→日本刀の作り方。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

最近の記事

2017年12月11日 new!!

今日の雑感

サイバーなマンデイ アマゾンが

続きを読む

私の食物誌 池田弥三郎 2017年12月10日 new!!

私の食物誌 池田弥三郎

ミジンコさんありがとうございま

続きを読む

2017年12月9日 new!!

探検検索

ちなみに2009年はTwitt

続きを読む

2017年12月8日 new!!

いちまーい…にぃーまぁーい

もう預金しないんだから。

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ